ケアマネ求人に応募するために必要な資格と経験

ケアマネの求人で採用されるには?必要な資格やスキルについて学ぼう

ケアマネ求人に応募するために必要な資格と経験

レディたち

ケアマネージャーとは

介護支援専門員のことをケアマネージャーと呼んだり、ケアマネと略して呼ぶことがあります。介護が必要な方や要介護の認定を受けた方の手助けを行う仕事をするのがケアマネージャーです。
ケアマネージャーにはさまざまな仕事をこなす必要があり、介護が必要な方だけでなくその家族にもどのようなケアが必要なのか把握して今後の介護プランを立てていかなくてはいけません。利用者の方を直接支えることのできるやりがいのある仕事がケアマネージャの仕事です。

ケアマネ―ジャーの資格

ケアマネージャーになるには資格が必要になります。試験を合格しなくてはならないのはもちろんのこと、研修を受けてさまざまな知識や経験を身につけなくてはいけません。試験を受けるには、医療や福祉、リハビリに関する国家資格を持っていなければなりません。その他にも、身体障害福祉法などの法律が定められた施設で10年以上働いた経験のある方が試験を受けることができます。その試験を受け、研修を受けることによりケアマネージャになることができるのです。

ケアマネージャーに必要なスキル

ケアマネージャーは、介護が必要な方とその家族のサポートを行うため、知識や経験以外にも必要なスキルがあります。それは、コミュニケーションスキルです。介護プランを立てた後にも、そのプランを元に利用者がしっかりとサービスを受けることができるよう自治体や事業者に連絡・依頼を行わなければいけないため、高いコミュニケーションスキルが必要になります。

ケアマネージャーに転職したい方は

ケアマネージャーは国家資格の取得と経験が必要になるため誰もがすぐに就くことができる仕事ではありません。神奈川県でケアマネの求人を探している方は、まずは自分の勤務年数や所有している資格を確認しましょう。

新着情報